インタビュー

先輩インタビューから有隣病院リハビリ科の雰囲気を知る

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 将来的には「世田谷区でリハビリといえば有隣病院」と言ってもらえるような病院になりたいという思いをもってスタッフ一丸となって頑張っています!

藤田 淳
理学療法士

将来的には「世田谷区でリハビリといえば有隣病院」と言ってもらえるような病院になりたいという思いをもってスタッフ一丸となって頑張っています!

現在の担当や役職、業務内容を教えてください。
私は有隣病院リハビリテーション室の室長として業務に従事しています。有隣病院は若いスタッフが多く、スタッフの皆さんは非常に活気があって勉強熱心であり、患者様にも真摯に向き合って皆で頑張って仕事を行っています。
職場の雰囲気づくりではどのようなところに気を配っていますか?
1つは、仕事はもちろん大事なのですが、プライベートも大事なので、ワークライフバランスを重要視しています。そのため、残業であまり遅くならないようにしたり、それから時短で、何かがあったときにパッと休みが取りやすいというところも有隣病院の一つの魅力ではないかと思っています。あとは、大事な患者様のリハビリという面で勉強というところに関しては各々でも勉強していただきますが、その内容を各スタッフにも持ち寄ってスタッフの皆で共有できたら非常に質の底上げにつながるのではないかと思っています。
もう一つは、病院の中でも勉強会を定期的に行っております。
スタッフ教育や勉強会について
有隣病院としてはまず、勤務時間内での勉強会を重視しています。勤務時間外になってしまうと出席出来るスタッフと出席できないスタッフが出てきてしまうので、勤務時間内で定期的な勉強会を行うということ、それとは別に各々様々な分野でそれぞれ興味がある分野をもっていますので、そういう分野に出ていってもらい、伝達講習を行っていただいています。
新人教育制度について
新人教育制度についてですが、新人の方に対しては1年間のプリセプター制度というものを設けています。それ以外にも1年目に関しては、定期的な研修を設けさせていただいていますし、新入職員の1年目だけではなく、2年目、3年目の方に対しても定期的な研修を設けさせていただいています。
1年目に関しては、まずは業務をしっかり出来るようバックアップ体制を整え、社会人組織人としての基礎をお話します。また、病院の中でどういうことが行われているのか、そしてセラピストとしての知識や技術のところもお話させていただいております。
2年目に関しては、みなさんリスク管理という分野に関して非常に興味を持っている方が多いですので、リスク管理、内部障害というところを中心にお話させていただいております。
3年目に関しては、みなさんある程度業務が出来るようになってきますので、今度は自分自身の考えだけではなく同期同士でいろいろと思いをぶつけ合いリハビリに対する考え方の幅を広げていただきたいと思いまして、同期同士の症例検討会も行っています。
時間休制度について
有隣病院では、1時間単位で休みを取得出来ます。その中で、例えば、所用があり1時間、2時間ほど早めに帰らないといけないというときも、半日の有給ではなく1,2時間でというかたちで時間休を取得出来ますし、お子さんが調子悪くなってしまったときも1,2時間の時間休を取得していただいて、お子さんのお迎えに行っていただいたりいうかたちで利用することが出来ます。
院内保育園について
院内保育園については、有隣病院リハビリ室のすぐそばにあり、目と鼻の先です。そのため、安心してお子さんを預けて頂くことが可能です。有隣病院のスタッフも利用していますので、安心して利用していただけると思います。
病院見学や面接の際の交通費全額補助制度について
就職決定後の支度金5万円支給制度について
住宅の借上げ制度について
有隣病院は2018年度末に、療養病棟から回復期病棟へ転換する予定になっています。このため、大幅なリハビリスタッフを増員することになりましたので、2018年度に限って特別措置を設けさせていただいています。こちらに関しては、
1つは、他の道府県から見学に来る方々がなかなか気軽に見学に行けないため、有隣病院では全額交通費の補助というものをさせていただいております。またその後、有隣病院を気に入っていただければ面接の際も交通費の補助は全額負担させていただきます。
2つ目は、有隣病院に就職が決まった場合、支度金というかたちで5万円をお渡しさせていただいて少しでも足しにしていただければと思っています。
最後ですが、通常有隣病院では住宅手当を支給していますが、今回のケースでは住宅手当ではなく住宅借り上げ制度を設けました。こちらに関しては、入職者のために有隣病院で予めご自宅を選定し、他の道府県から上京した際にわざわざ不動産を通していろいろ調べたりしなくても良いようにご自宅を決めさせていただいた上で、こちらに住んでいただけるような制度としています。こちらは一年間のみの制度ですが、ぜひご活用していただければと思います。
最後に有隣病院リハビリテーション室としての目標について
現在、有隣病院として将来的には世田谷区でリハビリといえば有隣病院と言ってもらえるような病院になりたいという思いをもって、スタッフ一丸となって頑張っています。そのため、同じような思いを持って業務に従事してもらえる方々をお待ちしています。まずは一度、有隣病院に見学に来ていただき、院内の雰囲気を感じ取っていただきたいと思います。そして、最終的にはみなさんと一緒に仕事が出来ればと思っています。宜しくお願いいたします。